脳卒中防ぎ1日8000歩

脳卒中防ぎ1日8000歩 

厚労省が次期健康計画

2012.2.24 08:15

 厚生労働省は、平成25~34年度の第2次「健康日本21」計画の素案を専門委員会で公表した。12年にまとめた現行計画を引き継ぐもので、脳卒中や心臓病の死亡率を減らし、1日の歩数を8千歩以上に増やす内容。介護を必要とせず元気に過ごせる「健康寿命」を重視する考えも打ち出した。

 少子高齢化が進む中、生活習慣病の予防に取り組む必要性が今後さらに高まるとし、専門委の議論を経て、夏までに最終的な目標数値をまとめる。

 素案によると、脳卒中の10万人当たりの年間死亡率を、男性は22年の49・5人から35年には37・7人に、女性は26・9人から23・1人に減らす。心臓病の死亡率は、男性が36・9人から35年に28・9人、女性は15・3人から12・8人とする。1日の平均歩数は、男性が22年の7136歩から8500歩、女性が6117歩から8千歩を目標とする。70歳以上では、男性が4890歩から6千歩、女性が3872歩から5千歩。


といった記事がありました。


ですが歩行による健康増進効果は脳卒中予防だけでなく

胃や腸、腎臓や膀胱の働きをよくする、肺や心臓の強化や負担を軽くする、骨や筋肉を強くする、心臓、糖尿病、高血圧、頭痛、便秘、腰痛、認知症予防、改善など様々な効果があります


当院では、正しい歩き方、歩行時間等をアドバイスさせて頂いています!


ご興味のある方は、お気軽にご相談ください!!


▼院長

川崎 大介 Daisuke Kawasaki

[資格]

柔道整復師/医療系国家資格

リセンス フィジカル コーチング

・認定コーチ

・Sports部門アドバイザー

[活動]

JR堺市駅かわさき整骨院

プロスポーツ選手専属トレーナー

スポーツチーム競技能力向上アドバイザー トレーナー及び運動指導者養成講師

施術メニュー

メディア掲載実績

▼トレーナー活動

海外・国内プロスポーツ選手

トップアスリートをサポート中

動能力&競技能力向上教室

LINE特典

各メニュー

LINE限定クーポンを配信

▼腰痛でお困りの方へ

腰痛改善サポート情報ブログ

腰痛を安全に根本的に改善させるには、しっかり腰痛に対して正しい知識を知り、行動をすることが大切です。

 

腰痛でお困りの方のほとんどは、

「腰痛や腰痛治療に対しての知識」が少なく、よくわからないので適切に行動ができていません。

 

ブログでは、

 ・腰痛のお悩み相談Q&A

 ・腰痛の本当の原因

 ・腰痛治療院の選び方など

 

あらゆる腰痛関連の最新情報を発進します。少しでもみなさまのお役立てれば幸いです。

腰痛について、正しい知識を知り、根本的に改善させていきましょう!

〒591-8043

堺市北区北長尾町1-7-9 

 カーライル堺市駅前1F

かわさき整骨院

 ☎072-240-3331

アクセス

 

大阪堺区JR堺市駅すぐ徒歩0分

 

アクセス

 

リンク